浄化槽総合情報システム  【 クラウドシステム 】

浄化槽総合情報システム  【 クラウドシステム 】,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,鹿児島,宮崎

浄化槽総合情報システム  【 クラウドシステム 】

ソリューションカテゴリ
ホーム > ソリューション > 01-データセンター事業 > 浄化槽総合情報システム  【 クラウドシステム 】

浄化槽総合情報システム  【 クラウドシステム 】

    浄化槽総合情報システム利用イメージ全体図    




   浄化槽総合情報システムの概要        
   < 浄化槽総合情報システムについて >
      現在、浄化槽は下水道と同等の恒久施設としての位置付けであり、
   法に
「し尿及び雑排水処理」が明文化され排出基準も明確にされてい
   ます。
    今後も法に基づき公共用水質の保全をはかる為には、浄化槽の
   施工・清掃・保守点検・法定検査が一体となって適正業務を推進して
   ゆくことが必要であり、「浄化槽総合情報システム」の構築・運用によ
   って行政、関係企業及び団体が連携し一体となって適切な水環境の
   保全を推進していくものであります。


   < 浄化槽総合情報システムの目的 >
    浄化槽総合情報システムは、総合評価方式の採用にあたり、法定
   検査、点検、清掃記録票、設置情報等を行政、関係企業及び団体、
   利用者が相互かつ容易に参照し、不良・不適格検査を防ぎ、浄化槽
   の健全な運用を補助することを目的とします。

   < セキュリティ対策 > 
浄化槽総合情報システムは、インターネットを通じて情報のやり取り
を行います。個人情報を取り扱うため、特にセキュリティには十分配
慮しております。
1.回線セキュリティ
  ・厚生労働省の2011年より始まる医療電子レセプトオンライン
   の「情報安全管理に関するガイドライン」に準拠しております。
 
2.アクセスセキュリティ
  ・システム利用者のデータアクセスログ(日付・時間・利用者)を
   全て取っております。
 
3.データセキュリティ
  ・利用者間でのデータアクセスを制御(ID・パスワード・利用者の
   IPアドレス)して、利用者間のデータ漏洩を防いでおります。


 浄化槽総合情報システムのメリット  

 1.情報の共有(協会・検査機関・維持管理業者)
・保守点検、清掃記録票と法定検査結果書及び不適正の改善履
歴の情報がお互いに利用可能となり、浄化槽の状況把握が共
通の認識で可能となります。
 
 2.ネットワーク化(協会・検査機関・維持管理業者)
   ・インターネット網を利用することで離島及び郡部における地域格
差を解消し、システムを共同利用することで、開発コストの削減
が可能となります。
 
 3.無届浄化槽の洗い出しと廃止浄化槽の洗い出し(協会・検査機関)
   ・協会及び検査機関の浄化槽マスタデータと、各維持管理業者の
顧客マスタデータを比較することが必要な為、無届浄化槽や廃止
浄化槽の洗い出しが可能となります。
 
 4.不適正浄化槽に対する改善の即応性(維持管理業者)
   ・法定検査の判定において、不適正の場合は維持管理業者へメー
ルで自動配信する為、情報のスピード化と法定検査結果書の確
認ができ、不適正浄化槽への対応のスピードアップが図れます。
又、おおむね適正の浄化槽に対しても、状況の把握ができ、予防
措置の対応が可能となります。
 
 5.保守点検、清掃記録票の様式の標準化(維持管理業者)
   ・記録票を標準化を行うことで、作業の標準化を図り、維持管理の
品質・サービスの向上及び均一化が図れます。
 
 6.法定検査と保守点検、清掃の時期(協会・検査機関)
    ・維持管理システムより取り込んだデータには、年間の点検回数、
前回・次回点検日、前回・次回清掃日が含まれており、スムーズ
な法定検査の予定組みを行うことが可能となります。



 浄化槽総合情報システムの販売体系    

  ※販売方式は、クラウド型と販売型の2種類があります。詳細につきましては、お問合せ下さい。


※クラウド型の場合は弊社IDCセンター運営を前提とし、弊社推奨の回線契約が必要です。
  なお、ご契約後の使用期間は60ケ月とさせて頂きます。


印刷用ページ